となりのトトロのあらゆる都市伝説を検証!ネコバスに秘められた裏話とは?

01/10/2020

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

となりのトトロのあらゆる都市伝説を検証!ネコバスに秘められた裏話とは?

あなたはとなりのトトロ についての意外な都市伝説をご存知だろうか?
この都市伝説や裏話を読めば衝撃を受けることだと思います。
ジブリやディズニーや怖い話の都市伝説も掲載していきますが、読むなら自己責任で読み進めてほしいと思います。
今回のお話はとなりのトトロの都市伝説です。

となりのトトロのあらゆる都市伝説を検証!ネコバスに秘められた裏話とは

1988年に上映され、現在でも金曜ロードショーの常連であるスタジオジブリ作品のとなりのトトロ。

長年親しまれ、何世代にも渡り愛されている作品だけあってか、「都市伝説」や「裏話」が多く存在しています。

聞いてみれば「あーそういえば・・・」と思う都市伝説もありますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

有名な都市伝説を1つ1つ解説していきましょう!

◉となりのトトロの都市伝説を検証

有名な2つの都市伝説を検証してみました。

調べてみると結構こじ付けだったり、真実と違った解釈になっているものも有り、噂に尾ひれがついていった事が分かりましたが、中には公式では無いものの、当てはまっているものもあったので解説していきます。

・[検証1]トトロは死神だった!?

エンディング曲の一節に「子どもの時にだけ あなたに訪れる 不思議な出会い」とありますよね?

この歌詞と「トトロはカンタには見えていなかった」という矛盾をついた都市伝説で、サツキとメイの死期が近かったから2人には見え、カンタには見えなかったからトトロは死神だった。という解釈だそうです。

実際には、ただ単にカンタとトトロが出会わなかっただけだった事が分かり、何故出会えなかったのかというと、心の底からトトロに頼りたいという気持ちが無かったからです。

それが事実に、メイが初めてあった後、お父さんとメイとサツキで会いに行った時は会えませんでしたよね。

なのでトトロが死神説は、少し難しいかもしれません。

・[検証2]サツキとメイは死んでしまっている?

メイがとうもろこしをお母さんの病院まで届ける途中にため池に落ちて亡くなってしまい、メイを探していたサツキも何らかの事故で亡くなってしまう、という予測が産んだ都市伝説。

ネット上では「サツキとメイの影が無い!」や「ため池に落ちていたサンダルはメイの物だった」と騒ぎたてていますが、影については、背景描写にこだわった作品で、時間によって影の長さや色合いにこだわっていたため、一時的に影が見えづらい場面があった。という事になり、ため池に落ちていたサンダルは、作品を良く見ていれば分かりますが、完全にメイの物ではありません。

[この理由では]2人が亡くなっているとは言い難いですが、もしかしたら亡くなっているという設定がうかがえる理由を次で検証しました。

・[検証2−1]お母さんとお父さんには見えない存在になっている

ネコバスに乗ってとうもろこしを病院に届けた時、お母さんとお父さんが気づかなかったのは亡くなっていたから。という説は以下の理由から信憑性が高いと判断しました。

トウモロコシをあんな近くに置いて気づかれない訳がない。

割と近くに居たのに姿が見えなかった。

木の上に居た気がしたのに違和感を持たなかった。

おかあさんへと書かれたとうもろこしに違和感を持たなかった。

この4つは、サツキとメイが亡くなっていないと成立しない場面となっているので、もしかしたら・・・

◉【ネコバスの裏話】実は子供が存在した!?

トトロと同じように、ネコバスにも都市伝説・裏話が存在し「冥界への案内人」という噂まで広がっています。

でも実は愛くるしいキャラクターだという事が判明したので、ネコバスの裏話を3つ紹介していきます。

・ネコバス裏話1:トトロのスピンオフ作品「こねこバス」が上映されている

ネコバスには子どもが存在していて、メイと友達になる作品が、三鷹の森ジブリ美術館で上映されています。

あらすじは、風の強い日にメイがキャラメルを食べていて、つむじ風に追いかけられます。

そのつむじ風を捕まえたらこねこバスだった事が分かり、メイとこねこバスは友達となってその夜に、森へ遊びに行きます。

あの大きいネコバスが、小さく愛くるしい姿になっていて、その姿を見たらただただかわいい猫にしか思えなくなってきます。

・ネコバス裏話2:ネコバスの行き先は9つ存在する

ネコバスが冥界への案内人とされる理由の一つが「墓道」という行き先が表示される事であり、死を連想させる様なイメージになってしまうのも無理はありません。

作中でネコバスに表示される行き先は「塚森」「長沢」「三つ塚」「墓道」「大社」「牛沼」「めい」「七国山病院」「」があり、それぞれ地名や場所を示しているので、死に連想するのはお門違いという事になりますね。

何故その場所がネコバスに登録されているのかは不明ですが、行きたい所が表示され、運んでくれるネコバスはサツキとメイの恩人もとい恩猫なのは間違い無いでしょう。

・ネコバス裏話3:最後は巣に帰って行った

前項で解説したネコバスの行き先に「す」がありましたよね。

これはサツキとメイを病院まで運び、お母さんの元気な姿を見て家に送ったあとに表示されていて、「す」とは「巣」の事で、お役目を終えたネコバスが巣へ帰って行ったのです。

怖い都市伝説が囁かれていますが、こういう和む描写で打ち消してくれませんか?

◉となりのトトロの都市伝説・ネコバスの裏話まとめ

色々と怖い都市伝説が囁かれているとなりのトトロですが、実際の内容と違ったり、辻褄が合わないものばかりでしたが、1つだけ不自然な描写を発見したものの、作品の演出と言われればそれまでです。

怖い都市伝説も有り、ネコバスの和む裏話があったりと、長年愛されているトトロはこれからも何世代にも渡って、愛され続けていて欲しいですね。

となりのトトロの関連記事

【都市伝説】となりのトトロは”狭山事件”がモデル?その関係がヤバ!!

本当は怖い?となりのトトロの都市伝説を紹介!

その他おすすめ記事一覧

【都市伝説】裏設定 怖い話のタイトル別一覧