【都市伝説】ラピュタにはもう一つのエンディングが存在する?

01/10/2020

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!
【都市伝説】ラピュタにはもう一つのエンディングが存在する?

あなたはアニメやジブリ都市伝説をご存知だろうか?
このを都市伝説や裏話を読めば衝撃を受けることだと思います。
ディズニーや怖い話の都市伝説も掲載していきますが、読むなら自己責任で読み進めてほしいと思います。

あなたは天空の城ラピュタの意外な都市伝説をご存知だろうか?
この都市伝説や裏話を読めば衝撃を受けることだと思います。
ディズニーや怖い話の都市伝説も掲載していきますが、読むなら自己責任で読み進めてほしいと思います。
今回のお話は天空の城ラピュタの意外な都市伝説です。

ラピュタにはもう一つのエンディングが存在する?-実際に見た人っているの?-現在の定説

ラピュタにはもう一つのエンディングが存在する?

【都市伝説】ラピュタにはもう一つのエンディングが存在する?

みなさんは「天空の城ラピュタには幻のエンディングが存在する」という都市伝説を聞いたことがありますか?私が初めてその都市伝説を聞いたのは10年前の2010年ごろです。
ラピュタのエンディングは飛行石を抱えた木が宇宙空間を漂っているものですがそれとは別にもう一つエンディングが存在するというものです。
内容はエンディングのスタッフロール中に「シータが飛行石を暖炉に隠した」「シータの村にパズーが会いに来た」というものです。

実際に見た人っているの?

実は私も子どもの頃に見た記憶があります。
たぶん10歳の頃だと思うんですが、眠いのを我慢して最後まで天空の城ラピュタを見てました。
エンディングのスタッフロールが流れる中、飛行石を抱えた木と回る地球、それから合間に「村に帰ってきたシータが暖炉に飛行石を隠す」というシーンが入り、また木のシーン、それから曲が終わり、最後に「シータの村にパズーが会いに来て『ここがシータの育った所なんだね』という」というセリフ付きシーンを見た記憶があるんですよ。
その都市伝説を聞いた10年前、友達にそのエンディングを見た人が他にもいないか聞いて回ったのですが、10人ぐらいに聞いて他に見た人が誰もいなかったんです。
その時は私の勘違い、夢ということで片づけられてしまい、がっかりしたんですがすっかり忘れていました。
でも、今年の”夏はジブリ”を見ていて思い出したので再度、この都市伝説について調べてみました。

2020年現在の定説

2020年現在、いろいろ調べてみました。
なんと「天空の城ラピュタには幻のエンディングが存在する」という都市伝説ですが、画像があるようです。
他にも「天空の城ラピュタには幻のエンディングが存在する」という都市伝説を聞いたファンが作った偽動画があるみたいです。
他にも、おそらくこのシーンが都市伝説の元になったのでは無いかと言われる画像やセリフもあり、10年前と比べるとずいぶん検証が進んでいました。
例えば、シータの「だからいつも暖炉の穴にかくしてあって、結婚式にしかつけなかったんだわ」というセリフから「シータが飛行石を暖炉に隠した」というシーンを想像したのでは?という説があります。
実際、この「シータが飛行石を暖炉に隠した」というシーンを見たという人(私もですね)がみんな子どもの頃に見たと証言しており、子どもの想像力で補完してしまったみたいです。
でもよくよく思い出してみると飛行石は作品中に壊れているんですよね。
最後の方でシータとパズーが手をつないで「バルス!」と言って飛行石の力を解放してペンダントの飛行石は壊れ、天空の城も壊れていくシーンがちゃんとあります。
でも何故か記憶の中ではシータが飛行石を暖炉に隠してました。
やっぱりこのシーンは、子どもの想像力から生まれた物だったみたいです。

スタジオジブリ公式の見解は?

さらにスタジオジブリもジブリ日誌という公式サイトで”「天空の城ラピュタ」に別のエンディングがあるという噂が流れているようですが、そういうことは一切ありません。”とコメントしており、設定資料集やアニメージュの小説に後日談が乗っておりそれを見た人が勘違いしたのではないかとのことです。(こちらで見られます⇒ジブリ日誌)
このジブリ日誌が書かれた日付が2002年の12月13日なので実は私が初めてこの都市伝説を聞いたときよりもかなり前に否定されていたんですね。
でもこのジブリ日誌読んでいて面白かったのが「幻のエンディング」は否定されているんですけど実は「幻のカット」は実在するそうです。
”ジブリ作品には「作画したが本編に使われなかったカット」は、ほとんどありません。しかし、全くないわけではなく、中には、そのカットのスチル写真が世に出ているケースもあります。”
”シータの回想シーンで、湖の方から向かってくる4人の男(そのうちの1人はムスカ)を捉えたシータの主観風ショット、絵コンテでは最初はすごいロング(cut421)で、その後ほぼフルサイズのショット(cut422)が続くのですが、このふたつ目のカットであるcut422は、映画本編では出てきません。欠番になっています。しかし、「天空の城ラピュタ ガイドブック」には、そのカットのカラー写真が掲載されていました。恐らく、cut422は映画の編集段階でカットされたのでしょうが、公開に間に合うように、映画制作と並行して編集されたこの本には、その写真がそのまま掲載されたのでしょう。”
これは幻のエンディングとは全然関係ないシーンなので「幻のエンディング」と「幻のカット」はやはり別物ですね。

まとめ

10年ぶりに私の記憶の中の幻のエンディングが否定されてしまいました。
でもこの「天空の城ラピュタには幻のエンディングが存在する」という都市伝説、子どもの頃に見た記憶がある人がいまだにあとを絶ちません。
それなのにいまだに天空の城ラピュタがテレビで再放送される度に話題に上がるこの都市伝説。
実はラピュタの後日談が見たいファンが作った願望なのかもしれません。

その他おすすめ記事一覧

【都市伝説】裏設定 怖い話のタイトル別一覧