【衝撃の結末】ドラえもん 最終回 タイムパラドックス 都市伝説

03/10/2020

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!
【衝撃の結末】ドラえもん 最終回 タイムパラドックス 都市伝説

あなたはドラえもん 最終回 についての意外な都市伝説をご存知だろうか?
この都市伝説や裏話を読めば衝撃を受けることだと思います。
ジブリやディズニーや怖い話の都市伝説も掲載していきますが、読むなら自己責任で読み進めてほしいと思います。
今回のお話は【衝撃の結末】ドラえもん 最終回 タイムパラドックス 都市伝説です。

【衝撃の結末】ドラえもん 最終回 タイムパラドックス 都市伝説

皆さん「ドラえもん」の幻の最終回をご存知ですか?
これは田嶋・T・安恵さんによる同人誌になっており、タイトルはタイムパラドックスです。
「ドラえもん」を題材にした二次創作になっており、感動的で、「ドラえもん」ファンも満足いく最終回が描かれています。

今回はそんな「ドラえもん」の幻の最終回と言われるタイムパラドックスについて、ご紹介していきたいと思います。

ドラえもんの都市伝説

タイムパラドックス

タイムパラドックスの物語は大人になった出木杉、スネ夫、ジャイアンが再会し、テレビを見ているシーンから始まります。
テレビには、なんとのび太がロボット工学の第一人者になっており、インタビューを受けているのです。

出木杉は総理大臣、スネ夫とジャイアンは実業家になっています。

話が進んで行くとドラえもんの話になるのですが、ドラえもんは未来に一言も言わずに帰っていったそうです。
そんなドラえもんに友達を大事にするジャイアンは怒ります。

そこで出木杉がスネ夫とジャイアンにタイムパラドックスについて話し始めます。
タイムパラドックスとは、時間旅行する際に歴史に影響を与える事で生じる矛盾だとスネ夫は語ります。
そして文明を一足飛びに進化させる発明が、ある技術者によって完成するのだと出木杉くんは言います。
その技術者とは?

ドラえもんの電池切れ

物語は遡り、小学生時代ののび太が登場します。
ある日いつものようにドラえもんにひみつ道具を頼むのび太は、ドラえもんが動かなくなっていることに気付きます。
そこでタイムテレビでドラミちゃんに連絡すると、ドラえもんは電池切れしていることがわかりました。
安堵するのび太でしたが、ドラミちゃんの顔はスッキリしません。

旧ネコ型ロボットは補助記憶回路すなわちバックアップのようなものが耳に付属されています。
しかしドラえもんの場合はその耳がないため電池を入れ替えると記憶がなくなってしまうのです。

それを聞きのび太は慌ててドラえもんを持って、修理しに未来に行こうとします。
しかしタイミングが悪く、タイムパトロールが未来に行くことを制限していたのです。

またのび太は、ドラえもんを設計した人に直してもらおうと提案しますが、
設計者の情報は超重要機密事項になっていて、ドラミちゃんにも知ることができないようになっているのです。
そしてドラミちゃんはのび太との唯一の連絡手段であるタイムテレビも回収されるかもしれないと告げます。

そこで、ドラミちゃんはのび太に二つの選択肢を提示します。
今ならタイムパトロールの目をかいくぐることが可能性があるため、未来に行き、ドラえもんの電池を入れ替えるという選択肢(その場合はドラえもんの記憶はなくなる)。
そしてもうひとつは未来の技術に任せこのままの状態で、ドラえもんを直す未来を待つという方法でした。

ご飯の時間になっても、のび太はドレミちゃんに与えられた選択肢を悩みつつ、ドラえもんの目の前で二人の思い出を語り始めます。
初めて出会ったこと、冒険したこと、感謝していること、喧嘩したこと。
一つも返事しをしないドラえもんを見て、泣き崩れるのび太は、ある決意をします。

結果的にのび太は、ドラえもんの記憶を消さない方法を選びます。
するとドレミちゃんはドラえもんも記憶なくしたくないこと、またのび太との出会いに感謝し、別れを告げます。
その後のび太は立ち上がり、「ぼくが、、、。」と呟くのです。

のび太の努力

それからのび太はドラえもんを直すためにに猛勉強します。
あの落ちこぼれだったのび太が出木杉を凌ぐほどに成長し、学校1番の成績を修めていました。

そしてドラえもんの電池が切れてから35年の時が流れ、のび太はロボット工学の第一人者となったのです。
その後、のび太はしずかちゃんを入ってはいけないと言っていた部屋へ招き入れます。
そこには、耳がついているドラえもんが。

そこで、やっとタイムパラドックスの謎が解き明かれ、ずっとドラえもんを直すことだけを考え努力したのび太の願いが叶います。
眠り続けていたドラえもんは目を覚まし、起きるなり「のび太くん宿題はおわったのかい!?」と言葉を発します。
その後泣きながらドラえもんに抱きつき、馴染みのあるドラえもんの歌が描かれタイムパラドックスは終わります。

【衝撃の結末】ドラえもん 最終回 タイムパラドックス 都市伝説 まとめ

いかかだったでしょうか?

これが「ドラえもん」の幻の最終回と言われる、タイムパラドックスと言われる物語でした。
これはハンカチを用意せずにはいられないほど、感動します。
もう既に、この記事をご覧になって泣いている方もいるかもしれません。

描かれている作画も、本物と遜色ないほど綺麗で、クオリティがとても高いです。

そして現在このタイムパラドックスという同人誌は絶版となっており、現物の数は限りあるものとなっているそうです。

もしタイムパラドックスの現物を持っている方は、とても希少なので絶対に保管するようにしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ドラえもんの関連記事

意外に奥深いドラえもんの都市伝説と裏設定 wiki

ドラえもん 幻の放送回 タレントの回は内容も意味不明

その他おすすめ記事一覧

【都市伝説】裏設定 怖い話のタイトル別一覧